戻る

田んぼの様子
5月
5月上旬。まだ稲を植えたばかりです。
近隣の田んぼと比べて遅めです。
7月上旬。少し大きくなりました。
7月
7月
水を抜いているところです。
雑草を"たにし"に食べさせて、草取りの手間を軽減させているのですが、 雑草がなくなると稲を食べ始めるので、水を抜いて"たにし"の動きを封じるそうです。
"たにし"はカラスが天敵なので、水がなくなると土の中に隠れるそうです。

水を入れているところです。
土が空気に触れたことと、"たにし"が働かなくなったことで、雑草がはえはじめると、 また水を入れて"たにし"に雑草を食べさせます。
このバランスが難しいそうです。
7月
7月


真ん中にいる黒いのが"たにし"です。
ピンクのが"たにし"の卵。
農業を知らない私には、結構衝撃的な色だったので。
7月
8月


8月上旬です。一気に大きくなりました。もう実もなっています。
9月下旬。
収穫直前です。
9月
9月


もう一枚。
彼岸花と一緒に。
きれいだったので・・・
9月
9月
稲には虫が結構ついています。
これは、穂の先っちょにいます。 黒くて丸いのです。
これは、右上に黒い楕円形の虫がいます。
雑草は人の手でとれるけど、虫はなかなか。
(ちなみに、虫に食われた米でも、人体に影響はありません。念のため。)
9月
9月
こちらには、中央上に稲の色と保護色の虫が。
無農薬の証明でもありますが。
虫にやられた米は見た目が悪いので、とるのが大変なのです。実は。
たにしも健在です。右下の黒いのです。
9月
収穫後は、これらの虫をねらって、
白サギが30匹(←数えた)ほど田んぼに来るそうです。
私も尋ねたときに少し見ましたが、
(その時は何でいるのかわからなかったのですが)壮観ですよ。
その写真をとりたかったです。残念。